フウチソウ(風知草)に花が

フウチソウの花

フウチソウ(風知草)の花

f-20151010b

フウチソウ(風知草)に

小さな紫の花が咲きました。

 

フウチソウは日本原産の多年草で

夏から秋にかけて花を咲かせます。

 

風になびく細い葉の姿が魅力で

花にはあまり観賞価値が無い

とされているフウチソウですが

つつましやかな花が葉とともに

風になびく姿には風情がありますね。

 

イネ科の植物なので

花の先端に芒(のぎ)があります。

(下の写真)紫の花の先端にある

とげ状の突起が芒ですね。

 

フウチソウは山野草として

鉢植えで愉しむことが多いですが

苔玉(こけだま)や根洗いにすれば

またいちだんと風情があります。

 

ちなみにフウチソウには

ウラハグサ(裏葉草)の別名もあります。

葉の付け根あたりで表と裏が入れかわって

表に見えているのは葉の裏側なんですね。

 

フウチソウの葉は

これから冬に向かって枯れてしまいますが

また春になれば新芽を出してくれます。

 

 

十月八日寒露をすぎて

朝晩は空気が冷たくなりましたが

このあたりの紅葉はまださきです。